平成31年3月3日(日)「児童虐待防止全国一斉街頭」千葉県内一斉街頭行動

開催後の各地の反応

5区 浦安市 14:00 JR新浦安駅南口

新浦安駅にて、西川嘉純議長、宝新副議長、宮坂奈緒市議、小林章宏市議とともに「189」普及啓発の街頭を行いました。

悪天候の中、多くの方が立ち止まり「189」普及啓発チラシを受け取って下さいました。特に家族連れの方が関心を持ってくださった事は大きな成果となりました。

12区 袖ケ浦市 10:00 ゆりの里

党員のお子さんも協力してくれた為、雨の中でしたが、皆さん好意的にチラシを受け取ってくださいました。『189』の番号だけでなく、児童虐待の定義や、子育てに悩む親御さん自身が虐待をしてしまう前にSOSを出すことの重要性などもマイクを通じて訴えました。

二度と野田市の様な悲惨な事件を起こしてはならないと活動する自民党女性局の思いが、多くの皆さまに通じたと感じる1日となりました。

7区 流山市 11:00 流山おおたかの森

おおたかの森は雨でしたが、親子連れの方や、東武鉄道からTXへの乗り換えの方が多く、自民党へのご意見の方や応援の声などが有り、有意義でした。

教育と福祉の連携や警察との連携などで、子供たちの目線、立場に立った対策が重要と訴えさせていただきました。笠原久恵

4区・13区 船橋市 11:00 JR船橋駅南口

印象的だった事を少しおしらせしますね〜中学生くらいの女の子に「読んでね」と渡したら受け取ってくれたこと・子連れのお母さんに何かあったら電話してね📞と言うと「そうなら無い様に頑張ります」と元気な返事をもらった事・私より少し年配の男性から「日本の刑はゆるいからだ」との言葉をかけられました。

8区・13区 柏市 11:00 JR柏駅前
6区・7区 松戸市 13:30 JR松戸駅東口デッキ

6区も、雨の中でしたが、昨年のキャンペーンの時より、歩く人の感心度が高かったようです。

11区 東金市 13:00 サンピアショッピングセンター前